REGALO vintage watch

contact
MENU

修理修理

加工を少し行います。

先日お預かりした裏蓋のネジの取り付け。

しっかりとネジを留めても外れることがある裏蓋のネジ。

温度によるものなのか元々の構造なのか。

裏蓋のネジは小さいので外れたら大体は紛失します。

ネジは丸型と平型があったりネジ山の幅や太さや長さ、

さらにはネジ山の高さなど形状が無数にあるので、

ぴったりと裏蓋やケースに合うサイズがあれば奇跡。

大概はそうなに上手くいくことは無いので代替品を取り付けます。

 

ネジが少し飛び出してしまうのですが、

これよりも薄いネジ山だと細くて取り付けができないので、

ネジ山の「張り」を削って引っ掛かりを少なくします。

 

ネジが飛び出て見えても着用したときは気にならない。

そして引っかからないので痛くない。

こういう気遣いをしながらできることを可能な限りやります。

 

一般的には何のことやらかもしれませんが、

修理をするということは惰性や適当になっているわけではなく、

ちゃんと考えながら行っているということを知ってほしい。

今回はそんな良い機会だったと思います。

 

これでまた永く使えますね‼

前へ 一覧ページに戻る 次へ
pagetop
CONTACT MAIL ORDER GLOBAL SHIPPING