REGALO vintage watch

contact
MENU

日常のこと日常のこと

自分を変えるのは「自分」だけ。

様々なお店が自粛閉店する中、
自分が通うスポーツジムもしばらくお休み。
こんな世の中なので仕方がないと言えば仕方がない。
では何もしないのかというとそうではありません。

先日インスタグラムで紹介したストーリーの動画で、
プロフィジーカーのカネキンさんの動画を紹介しました。
それがこちら↓

「5分以内で追い込める!脂肪とさようなら自重トレ!」


物は試しにと1週間やってみた結果…
何と「体脂肪率-3%」
体重は変わらず筋肉量が増え体脂肪率が下がったのは理想的な結果。
普段のウェイトトレーイングに有酸素運動を組み合わせれば体脂肪は減るものの、
有酸素運動って何だか苦手。
今は自宅でしかこういう運動ができないので、
苦手だの何だのという「言い訳」をしている場合ではありません。
四の五の言わずにやってみて結果が出たので、
昨日から機嫌が良いのです(笑)

それに付け加えて自宅のダンベル8kgでのウェイトトレーニングも行っています。
ジムでやるよりも負荷がずっと軽いですが、
ウェイトトレーニングで一番大事なのは「効かせる」こと。
ただ重いものを持ち上げればいいわけではありません。
ちゃんと狙ったところに負荷をかけないと意味が無いので、
日頃の成果もここで発揮させています。




実は最近の研究結果で高重量で行う低回数と、
低重量で行う高回数は同じ結果だそう。
なので軽い付加でも高回数にしたり、
ネガティブレップという下ろすときにゆっくり下す動作でも効果は絶大。
効率や時間の関係でトレーニングを行うのであれば、
絶対的に高重量のほうが要領が良い。
でもこんな状況だからできることをやるしかないですね!
ちなみに高重量で行う高回数は怪我のもとになり意味がないだけでなく、
オーバーワークで筋肉量が減るのでおススメはしません。

とは言え自宅でトレーニングを始めて間もないので、
まだまだ手探り中ですが、
今まで以上に各トレーニングを「分割」しながらやっています。
肩、胸、背中を各週2回。
5月ぐらいにはその成果も出てくるでしょうから、
先ほど紹介したトレーニングを組み合わせれば、
夏にはバキバキになるはず…
何目指してんだ(笑)

しかしトレーニングだけやればいいかというとそうでもなく、
一番大事なのは「食事」です。
特に最近では飲食店のデリバリーが増え、
以前にも増して食べたいものが容易に食べられるようになりましたが、
基本的に外食は「高脂肪」「高カロリー」「高糖質」なものが多い。
言ってみればお店で食べるか家で食べるかの違いだけで、
全てが「健康的な食事」というわけではありません。
自粛ストレスから爆食いして食事量が増えては、
トレーニングの意味がなくなってしまいますから注意が必要です。

そして普段トレーニングを自宅やジムで行わない方にとっても、
空いた時間を使って体を動かすことは非常に効果が大きい。
それは運動をすることで「気持ちがポジティブ」になるそう。
最近は暗いニュースばかりで正直気が滅入る中、
さらに心身ともに疲弊してしまいます。
そんな時に軽く運動をして気持ちが上向けば、
代謝や免疫も上がり病気になりにくくなる。
そうなれば自宅だろうが何だろうが運動をしない理由はないですね。

このトレーニングというのもすぐに結果が出ず、
本当にコツコツ積み重ねて初めて少しだけの結果が得られます。
1日単位でなく1週間、1カ月単位での変化となるので、
すぐに結果が出ずに諦めたりする必要はありません。
外出もままならないのであれば、
1カ月ないしは2か月しっかりと鍛え上げ、
久しぶりに出会う人たちを驚かせてみてはどうでしょうか?

ちなみによく言われるのは、
3カ月トレーニングしたら他人からも変化がわかると言われますが、
個人的には食事とトレーニングをちゃんとして、
2週間あれば見た目の変化はあると思います。
でも何よりは自分を変えるのは「自分」しかいないので、
今まで自分を変えたいと思っていた方、
変えるなら…今でしょ?

07 Red Hot Chili Peppers - Get On Top (Japan 2004)

前へ 一覧ページに戻る 次へ
pagetop
CONTACT MAIL ORDER GLOBAL SHIPPING